まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

【完全版まとめ】Ruby/RailsでWebエンジニアになるためのプログラミング学習法

f:id:masaincebu:20180903205824j:plain

プログラミングをゼロから勉強して、Rubyエンジニアになりたいな。

 

プログラミングを勉強してRailsチュートリアルをやってみたけど、難しくて自分のものにできなかった。

 

そういった人に向けて、このまとめ記事を書きます。

 

僕は去年の自分を思い出しながら、全くのWeb初心者からRubyエンジニアになるための「Ruby/RailsでWebエンジニアになるためのプログラミング学習法シリーズ」を書いてきました。

 

それらは全三部作となったのですが、今回はそれをまとめつつ、各記事をざっくりと紹介したいと思います。

 

もくじ

  • 基礎知識をつけよう

  • Railsより簡単なフレームワークでアプリをつくってみよう

  • Railsチュートリアル「以外」もつかってRailsを勉強しよう

  • キーワードは「急がば回れ」

 

基礎知識をつけよう

RubyやRailsについて学んでWebエンジニアを目指すのであれば、Webという世界の基礎知識をつけることやRubyの基礎知識をつけなければなりません。Railsから始めるのは苦しいと思います。

 

僕は当時の師匠である「さぼさん」のおかげで、すんなりとWebの知識やRubyの知識をつけてRailsの学習までたどり着くことができました。

 

まず全てのWebエンジニア・Ruby初心者がするべきことについてはこの記事にまとめました。

www.masalog.site

 

この記事には、WebやRubyを勉強するために何の教材をやればいいかだけではなく、どうやってやればいいのかについても具体的に書いてあります。ぜひご覧ください。

 

Railsより簡単なフレームワークでアプリをつくってみよう

WebやRubyの基礎を学んだあとは、フレームワークを学んですぐにアプリケーションをつくってみることをおすすめします。

 

WebやRubyを知らない段階では実際に動くアプリをつくることはできませんが、この段階からはフレームワークを学べばWebアプリをつくることができます。

 

この記事を参考にして、ぜひ簡単なものでもいいのでWebアプリケーションをつくってみてください。ここらへんからプログラミングが楽しくなります。

www.masalog.site

 

Railsチュートリアル「以外」もつかってRailsを勉強しよう

ここまできたら、Ralisの勉強を始めましょう。ここで大切なのは、いきなりRailsチュートリアルから始めないということです。

 

Railsチュートリアルは内容がとても濃いので、勉強になるものの、初心者は挫折してしまう可能性があります。

 

なので、まずはRailsチュートリアルよりもう少し簡単な教材でRailsを勉強することをおすすめします。いくつか方法はあると思いますが、僕のおすすめの方法は下の記事に書いてあります。

www.masalog.site

 

キーワードは「急がば回れ」

僕が最近しみじみと思っているのはどんなプログラミング言語も一瞬で学べるわけではないということです。

 

プログラミングが簡単だったら、僕も皆さんもプログラミングができるだけでは仕事ができなくなりますし、世の中のIT化はもっと進みます。

 

近道に見えるような学習法や宣伝文句は、たぶんだいたいは誇張しています。地道に勉強することでどんどんプログラミングはできるようになります。

 

しかしこの事実はポジティブにとらえると、プログラミングは、才能とかは関係なく、地道に勉強すればできるようになるということです。

 

プログラミングの勉強は急がば回れだと思うので、ぜひ日々勉強を続けて身につけていってください。