まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

英語の勉強はプログラミングと同時にする方がいいです

f:id:masaincebu:20180821072620p:plain

プログラミングを理解するためには英語力が必要と聞いたけど、英語は苦手だから大変そうだな。英語の勉強をしてからプログラミングの勉強をしたほうがいいんだろうか?

 

英語にもプログラミングにも興味がある。どちらから勉強した方がいいんだろう?

 

そういったことを思っている人たちに向けてこの記事を書きます。

 

僕も英語とプログラミングに興味がありますが、プログラミングをしていて思ったことがあります。それは日常生活で使う英語とプログラミングの中で出くわす英語は少し違うということです。

 

今回はそういった点を踏まえて、いまの僕が思っていることを共有させてください。この情報が役に立てば幸いです。

 

この記事のポイント

  • プログラミングの中で出てくる英語とは

  • カンニングをしまくって英語を翻訳しよう

  • プログラミングをしながら英語を学ぼう

 

プログラミングの中で出てくる英語とは

f:id:masaincebu:20180821072803j:plain

プログラミングを理解するには英語ができなければいけないとよく聞きますが、それはどういったことを指しているのかは明確ではありません。

 

例えば、それはコードを書く際に出てくるメソッド名のことなのか、if文とかの構文のことを指すのか、エラーが出た時のメッセージを指すのか、調べ物をする時に英語の文献を読むことを指すのかによってできなければならない英語力が変わります。

 

今回の記事ではこれら全てを理解するための英語力をプログラミングにとって必要な英語力とします。

 

上に挙げたケースの中で難しい英語は、結局は専門的な知識を知っているかどうかに左右されます。

 

以下のRubyのコード例を見てみましょう。

f:id:masaincebu:20180821065449p:plain

 

ここではarrayという配列にto_iというメソッドを呼び出しています。しかし、配列にはto_iメソッドは使えません。するとNoMethodErrorというエラーが起きていて、undefined method 'to_i'と説明文が続きます。

 

ここでundefinedという単語を知っておくことや、Did you mean?の意味を知っておくのも大事ですが、methodとは何かを知っておかないと全く意味がわからなくなると思います。それさえわかれば、NoMethodErrorだけで意味はわかりますよね。

 

プログラミング自体をちゃんと知っておくことである程度プログラミングで出てくる英語の理解をカバーできます。

 

カンニングをしまくって英語を翻訳しよう

f:id:masaincebu:20180821072957j:plain

プログラミングをするための英語であれば、前もって勉強をして覚える必要は全くありません。なぜなら、PCを使ってカンニングをすればいいからです。

 

プログラミングをする際には大抵の場合PCを使いますよね。そこでエラーメッセージなど気になるものがあれば、大体の人はエラーメッセージをそのままコピペしてGoogle検索にかけます。そうすることでエラーメッセージの意味と対策法を同時に調べているのです。

 

実際、エラーメッセージの意味を自力で翻訳できたとしてもそれが自分のコードの中のどこが問題なのかがわからない時があります。そのため、エラーメッセージをそのままググることは効果的です。

 

いまではGoogle翻訳も発達していますし、検索にかけたらほとんどの英語は理解できますので、あまりプログラミングのために英語を勉強するぞ!と構えなくても問題なさそうです。

 

プログラミングをしながら英語を学ぼう

f:id:masaincebu:20180821073200j:plain

英語を効率的に学ぶためには英語を使う機会があったり、目的があることが必須です。プログラミングをしながら英語を学ぶようになると効率的に英語を学べます。

 

「エラーメッセージを理解しないと次に進めない」とかは特に強いモチベーションになりますよね。また、エラーを解決するためにググったら英語圏のQ&Aのサイトしか出てこなくて、エラーを解決するためにはその内容を理解することが必要になってくることもあります。

 

こういった感じで「実際に使う英語」をなんども経験することで自然と英語を読む力はついていきます。いろんなエンジニアの人たちに会ってきてわかったことですが、エンジニアの人たちの英語のリーディング力は平均的に高いです。

 

まとめ 

プログラミングの中で出てくる英語は、専門的な知識を理解することである程度カバーできます。また、英語のテストじゃないのでどんどんググってカンニングしていくといいと思います。

 

プログラミングのために英語を学ぶというのは英語を使う上でとてもいいモチベーションです。実際に必要となっている、使われている英語をなんども見ることでリーディング力を高めていくといいと思います。