まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

高いモチベーションでチャレンジし続ける方法は「都合よく忘れる」こと

f:id:masaincebu:20180811085753j:plain

こんにちは、まさです。

今回は24年間生きてきて僕が得た知恵の一つについて書いていきたいと思います。

それは、都合よく忘れることです。

 

チャレンジしたり、頑張っている人ほど失敗をしたり、うまくいかないときがあると思います。

 

そこで大切なのはうまくいかなかったことは自分の中でノーカウントにしてしまうことだと思っています。

 

自分を必要以上に責めて消耗してしまう人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

失敗体験は必要以上に自分に悪影響を与える

「成功体験」という言葉があります。文字通り成功を体験することなのですが、この言葉はいいループが起きている時によく使われます。

 

成功体験をする→自信がつく・やる気が出る→さらに学習や行動をする→成功の確率が上がる

 

それでは失敗体験はよくないループを生み出すようにできているかというと、本当はそうではないはずなんです。失敗をするということは反省点が見つかっているはずなので、こう書くこともできるはずです。

 

失敗体験をする→反省点から学ぶ→成功の確率が上がる

 

しかし、ぶっちゃけそんなに前向きに考えられないことが多いのが事実です。一度失敗をすると「自分はできないんじゃないか」「やる意味ないんじゃないか」とやる気や自信を失いがちです。

 

「失敗した」というのは一つの事象にすぎなくて、そこには失敗した理由があるというだけなのにいきなりぜんぶうまくいかないと思い込んでしまいます。そしてこうなってしまいます。

 

失敗体験をする→自信を失う・やる気を失う→学習・行動をしなくなる→成功の確率が下がる

 

「できない」は信用ならない

一度でも失敗をすると「自分はできないんだ」と思いがちです。僕もそうです。でもそれって全く根拠がないんです。

 

一回しか試していない実験って、データとして全然信用ならないのと同じです。むしろ、一回目は経験ゼロで始めているはずなので、失敗の確率の方が高いに決まっています。

 

また、自分の「できる」のレベルが高すぎることもよくあります。自分に自信があったり、自分に期待している人はそうなりがちです。僕はベテランのエンジニアの先輩と自分を比べて「できないことが多くてヤバいです」と上司に言ったら「当たり前でしょ」と言われました。

 

挑戦心、向上心はいいことなのですが、努力の量が足りなかったとかではなく、身の丈に合っていない目標ってあると思います。運動が苦手な人がフルマラソンに挑戦して「できなかった、俺はダメなんだ」と言ってたら「それって、失敗以前の問題じゃない?」って気がしますよね。

 

僕らが「できない」って言っていることって圧倒的にチャレンジの回数が足りないか、自分自身に合った目標になっていないかのどちらかが多いと思います。

 

失敗を覚えるんじゃなくて、改善点を覚えよう

失敗は、自分に無駄に悪影響を与えます。そして失敗をしたからといって「できない」わけではありません。そうなるとやるべきことは失敗は忘れることです。

 

もちろん、反省は大切です。なので、しっかり時間をとって反省をして改善点をピックアップしましょう。そして失敗をきれいさっぱり忘れてしまいましょう。お酒を飲んでもいいですし、友達と遊ぶのもいいです。気分転換をして次の日からケロッとした顔で過ごしましょう。

 

簡単にはできないかもしれませんが、これを心がけることによって少しずつ慣れることができると思います。やってみるとわかりますが、こうすることで自分を責め続けた時よりいい精神状態で、失敗から学んで行動を改善することができます。

 

成功体験は都合よく覚えよう

先の「失敗体験は必要以上に自分に悪影響を与えます」の項で成功体験のいいループについて触れました。

 

成功体験をする→自信がつく・やる気が出る→さらに学習や行動をする→成功の確率が上がる

 

そして「『できない』は信用ならない」の項で一度だけ失敗してもずっと失敗することにはならないという話をしました。

 

それでは、一度成功したからといって「自分に力がある」と決めつけるのも勘違いなのではないでしょうか?

 

実は、その可能性はあると思います。実際、一度成功しても次に失敗したりすることはよくあることです。

 

ただ結局何かを成功させるために大切なのは高いモチベーションでチャレンジし続けることです。なので成功体験はいい方向に捉えて、大事に記憶の中に留めておくほうがいいと思います。

 

これが僕が「都合よく忘れる」といった意味です。いいことは覚えておいて、悪いことは忘れる。めちゃくちゃ都合がいい生き方ですが、モチベーションにいい影響を与えると思うので試してみてください。