まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

【3ステップでRailsをマスターしよう】Ruby/RailsでWebエンジニアになるためのプログラミング学習法【入門その3】

f:id:masaincebu:20180810073126p:plain

 

Ruby on Railsを学んでWebエンジニアを目指したい。Rubyの基礎は勉強したし、Sinatraも勉強したけど、次はどうすればいいかわからない。

 

そういった悩みに答えます。

 

ちなみに、Rubyの基礎やSinatraでアプリ制作を終えていない方はまずそこから始めてください。それぞれの学習法はこの記事に詳しく書いてあります。

Ruby/RailsでWebエンジニアになるためのプログラミング学習法【入門】 - まさ@ブログ書き込み中

【Progateを卒業】Ruby/RailsでWebエンジニアになるためのプログラミング学習法【入門その2】 - まさ@ブログ書き込み中

 

もくじ

 

いきなりRailsチュートリアルはやらない

Ruby on Rails(以下Rails)を勉強するとなると有名なRailsチュートリアルをオススメする方が多いのですが、初心者にとってはいきなりヘビーに感じる方も多いと思います。

 

またRailsは便利すぎてなんとなく使えてしまうので「できた!」と思っても本当に深いところまでRailsを理解していないということもあります。そのため、僕はRailsを複数の学習方法で何回か学ぶことによって、理解を定着させることをオススメします。

 

Railsだけを学んでも意味がない

また、Railsを勉強するにあたって大事なのはRailsだけを学んでも意味がないということです。というのも、大切なのはRailsのコマンドやRailsが与える便利機能を理解することではなくRailsを使ってアプリケーションを開発ができるようになることだからです。

 

そのため、これから紹介する学習法では開発プロセスを意識しつつ学習することをオススメします。アプリケーションをつくると決めて、まずは何から取りかかるのか。その次は何をするのか。そういったところに注目すると上達するスピードはぐんと上がると思います。

 

3ステップでRailsを学ぼう

僕がオススメするRails学習法はProgate→Railsの教科書→Railsチュートリアルの順にやっていくことです。

ProgateのRailsコース

まずはProgateのRuby on Railsコースから始めることをオススメします。

Ruby on Rails5 | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

 

Progateはゲーム感覚でプログラミングを学ぶことができるので、取っかかりにはうってつけです。難易度も低く学習時間も少なめです。一度このコースを終えて「Railsってこんな感じなんだな」という感覚を掴んでください。

 

Railsの教科書

次に、五十嵐邦明さんが書いている『Railsの教科書』を読むことをオススメします。

tatsu-zine.com

 

これは有名な本で、Railsチュートリアルの前段階としてはちょうどいい難易度と分量でつくられています。Progateよりもより詳しいRailsに関する解説と、Webの基礎についてのフォローアップがあるので、この本を読むかどうかでRailsチュートリアルの理解度は変わると思います。

 

この段階でProgateでやった内容と重複するところも出てくると思いますが、Progateだけでは覚えきれていないことがたくさんあるはずなのでいい復習になると思います。

 

Railsチュートリアル

最後はRailsチュートリアルをやりましょう。

Ruby on Rails チュートリアル:実例を使って Rails を学ぼう

 

RailsチュートリアルはRailsによる開発を勉強する上でとても勉強になります。開発における考え方、テストの書き方、気をつけるべきことまで網羅されています。

 

ProgateとRailsの教科書を学んだ方は内容をしっかり理解しながら学習していくことができると思います。

 

スキマ時間を使って読み進めていこう

この学習計画は3段階で構成されているため分量は多いと思います。Railsチュートリアルだけでもとても時間がかかるので、自然と量は多くなります。

 

それでも、精神的な意味でも効果的な意味でも、意味のわからないままRailsチュートリアルを進めていくよりこの学習法がずっといいです。

 

そうはいっても時間がかかりすぎるのは嫌だと思います。そこでオススメするのがスキマ時間を使って先読みをしておくということです。

 

Progateはともかく、Railsの教科書やRailsチュートリアルは手を動かしながらテキストを読んで学習していくスタイルです。内容が濃いため、テキストを読んで理解するのにも時間がかかることがあります。

 

そこで通勤・通学の時間や待ち時間などを使ってスマホからサイトやPDFを読んでおけば、学習スピードを上げることができます。

 

Railsチュートリアルのその後

Railsチュートリアルを終えた後は、すぐに自分でアプリケーションをつくることをオススメします。

 

どれだけ勉強になるといっても、Railsチュートリアルはあくまでチュートリアルです。自分で使ってみることで学べることはたくさんあります。

 

もしくは、Railsでの開発の案件をクラウドワークスなどで探すのも一つの手です。僕の場合は幸運にもRailsチュートリアルの後すぐに開発案件を頂いてお金を貰いながらRailsを実践的に学ぶことができました。

 

Railsを学ぶことと実践的に使うことには大きく差があることを意識して新しいステップへ進んでください。