まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

【これだけ】留学経験のある僕が思う、英語力が伸びる方法【リーディング編】

f:id:masaincebu:20180730002223j:plain

 

英語力を伸ばしたい、リーディングの力を伸ばしたいけど、何をどうやればいいのかわからない。

 

そんな人に向けて、僕が実践して効果を感じた英語学習法について紹介したいと思います。

 

これをやることで、文章を読む力がぐっと上がり、英文に慣れ親しむことでリスニング力やスピーキング力の向上にも繋がります。

 

誰にでも出来るシンプルな方法ですので、ぜひ最後まで見てください。

 

まさについて

まずは僕について軽く自己紹介します。

 

僕は沖縄出身の24歳で、今は東京でWebエンジニアとしてIT企業で働いています。

 

留学に行く前から英語は得意で、TOEICのスコアは750近く取っていました。スピーキングに関しては、日常会話ができるくらいにはなっていました。

 

3ヶ月間フィリピンのセブ島に英語留学に行った経験があります。帰国後に受けたTOEICのスコアは850でした。なぜアメリカやイギリスに行かなかったのかはこちらの記事が詳しいので良かったらあとで見てください。

www.masalog.site

 

リーディングで大事なのは「英文のまま」理解する力

英文を読む時に大切なのは、英文をできるだけ英文のまま読むことです。

 

なんのことを言っているのかわからないと思うので、もう少し詳しく説明しますね。

 

例えばこういった短い文があった時、パッと読める人は比較的多いと思います。

 

Enjoy rich taste in relaxing time.

 

この英文を読んだ人の頭の中を細かく説明していくと、こんな風になっているのではないでしょうか。

 

  1. Enjoy
    「楽しむ」だ。何を楽しむんだ。
  2. rich taste
    「豊かな味」とかそう意味かなあ(いい味なのは間違いない)。
    ※濃いって意味です。
  3. in relaxing time
    「リラックスした時間の中で」という意味だな。文の意味がわかった!

 

この時に注目して欲しいのは、左から順番にそのまま読んでいっただけで意味を掴めているということです。日本語の文章に一々置き換えていません

 

これをもっと難易度の高い英文でも出来るようになれば、英文を早く読めるようになり、英文を英文のまま理解できるようになります。

 

そしてそれがリスニングにおける英文の理解や、スピーキングで英文を思いつく力に繋がります。

 

リーディング力を効果的に上げる方法は、音読をしながら英文を理解する。これだけ。

重要なのは英文をより英文のまま理解すること。その時に役に立つのが音読です。

 

音読は、英文を左から右にそのまま読んでいく行為なので後戻りが起きません。その性質を利用して、音読をしながら英語をしっかり理解出来るように心がけてください

 

最初は音読のスピードに理解が追いつかないと思います。その時にはマーカーで理解が追いつかなかった所に印を入れておいて、文の終わり(長文であれば長文の終わり)まで読んでみてください。

 

終わった後にマーカーがついている所を振り返れば、自分が苦手としている英文のパターンや単語、文法などが見えてきます。

 

そしてわからなかったところを調べて、最後にもう一度読み上げてください。今度は意味を理解しながら読めると思います。

 

意味を理解しながら英文を読む優越感を味わう

ただただ音読をしたところで、優越感なんて普通感じないと思います。ただ読んで、それだけ。単純作業に感じて苦痛に思う人も居るのではないでしょうか。

 

だけど、意味を理解しながら英語を音読すると、まるで自分が英語を話せているような感覚になっていきます。洋楽の歌詞の意味を理解しながら歌を歌うのと同じ感覚です。

 

その感覚が癖になったらこっちのもんです。ガンガン音読をしながら英語脳をつけていきましょう。

 

まとめ 

リーディング力を伸ばすためには、意外かもしれませんが音読が大切です。文章の後戻りができない音読の中で、できるだけその内容を理解するように心がけてください。

 

音読であれば誰でもいま使っている英語の教材を使ってすぐにできます。学生さんなら嫌でも授業で音読をする機会があるはずです。やらない理由はないはずです。

 

英語力を上げるには実行あるのみです。ぜひやってみてください。