まさ@ブログ書き込み中

自由に生きるための英語、プログラミング、考えごとについて色々書いています。

RubyとSinatraとRailsと。

 

こんにちは。まさです。

 

今日は僕が書いているプログラミング言語Ruby」について調べていこうかと思います。

 

 

Rubyは「プログラミング」言語だよね

僕はRubyというプログラミング言語を学び、開発をしてきました。いや、正確に言うとSinatraRuby on Railsを使って開発してきました。

 

ただ、最近「俺ってピュアRubyでWebアプリ開発してないよな」と思いました。ピュアRubyでWebアプリ開発って出来るのかググってみたのですが、どうしてもRailsSinatraの話しか出てこない・・・。

 

そこでハッと気づいたのは、Rubyってプログラミング言語ってこと。

 

SinatraRailsRubyフレームワークですので結局はRubyのコードを書いているのですが、これらはWebアプリケーションのためのフレームワークです。

 

僕は最初から「Webアプリケーションを作るためのRuby」として勉強してきたので、Rubyがあくまでもコンピュータに処理を命令する「プログラミング言語」だということを忘れていたのです。

 

そこでRubyはどんな可能性を秘めているのか、このブログで整理しておくことにしました。

 

 

Rubyで出来ること

ドンピシャな内容が侍エンジニア塾ブログにありましたので、引用させて頂きます。

www.sejuku.net

 

このブログではRuby

が出来ると言っています。もちろん、できる(可能)なだけで得意なこととそうでないことがあるみたいです。

 

RubyはやはりWebアプリ開発で一番使われているみたいで、スマホアプリと機械学習に関してはいまいちのようです。

 

意外だったのはRubyを使ったスクレイピングが人気だということ。

webの情報を抜き取って、加工して使用する技術をスクレイピングと言います。

Rubyでは使いやすいスクレイピング用のライブラリがあるので、スクレイピングをする際の第一候補の言語として使用されることも多いです!

 

また「APIとしてRubyを使うってなんぞや」って思ったのですが、どうやら通信するスマホアプリなどを作る時にスマホとサーバのやりとりをさせるために必要みたいです。

サーバーでデータを保存したり処理をしたいとなった場合は「API」と呼ばれるサーバーのプログラムを実装する必要があります。

 

僕はWebアプリしか作ったことがありませんので何が違うのかははっきりと理解できていませんが、どうやら大きく違うみたいですね・・・。

 

Ruby on RailsでAPIを作成する時の注意点、参考記事まとめ | 侍エンジニア塾ブログによると、APIはWebアプリとは

・HTMLやCSSなどを使った、いわゆるWEBページを使わない
・エラー処理が重要
デバッグが難しい

といった大きな違いがあるみたいです。

 

「jsでAPIを叩く」という表現をする際にはWebAPIを関数と思っていたので、ここでいうAPIとは違うのか・・・?ここはまだ整理できていません。

qiita.com

 

 

Rubyスクレイピングとか一度やってみたい

まあとにかく、RubyはWebアプリのためだけの言語ではないということを再認識したので、近いうちにスクレイピングとかを遊びでやっていきたいなと思っています。

 

5分で理解出来るらしいから、興味ある人はどうぞ。僕も近いうちにやります。

www.sejuku.net

 

というわけで今日はここまでです。終わり。